アーカイブ | 7月 2016

  • 避妊薬と気になる副作用は?

    今はまだ妊娠したくないという場合、望まない妊娠を避ける為に、そして自分の体を守る為にも避妊をしっかり行いましょう。 避妊といえばコンドームというイメージがありますが、コンドームの避妊率はそれほど高くありません。 また、男性が避妊に積極的では無い場合、女性が自分で自衛する為にも、コンドーム意外の避妊方法を選ぶ必要があります。 女性が行える避妊方法の中でも、最もポピュラーなのが経口避妊薬の活用です。 経口避妊薬「ピル」を正しく服用すれば、100%妊娠する事はありません。 本当に妊娠しないのか不安になりますが、ピルを毎日服用すれば排卵がストップするので、妊娠を防ぐ事ができます。 ピルと性感染症を予防する為に、コンドームを使用すればより安心できるでしょう。 安全性の高い薬ですので、毎日飲んでも大丈夫です。 ただ、薬ですので副作用を引き起こすリスクは、ゼロではありません。 ピルを服用して起こる副作用には、吐き気や頭痛、腹痛や不正出血、倦怠感にバストの張りなどが挙げられます。 これらの副作用はピルを服用し、体内の女性ホルモンバランスが変化する事で、起こると考えられています。 副作用が起こると聞くと、服用を躊躇ってしまう方もいるでしょう。 これらの症状はピルを飲み始めた時に起こりやすく、1ヶ月から2カ月程度飲み続ける事で、徐々に症状は感じなくなるケースが多いようです。 また、最近処方されているピルは、低用量ピルといってホルモン剤を出来るだけ少なくしています。 服用しても急激に女性ホルモンバランスが変わらない為、副作用も起こり難くなっています。 ピルは避妊だけでなく、月経困難症や子宮内膜症など、女性特有の病気の治療にも用いられる薬です。 副作用の心配もありますが、正しく服用すれば女性にとって大きな味方となってくれるでしょう。