アーカイブ | 6月 2016

  • 避妊薬の安全性について

    避妊薬は専門家によって安全性が認められたお薬です。 お薬を長期間にわたって服用すると、赤ちゃんが妊娠出来ない身体になる、といった声が世間に流れていますが、根も葉もない噂であり、識者によって明確に否定されています。 避妊薬の妊娠回避効果は非常に強く、ほぼ100パーセントの回避が実現します。 その強力なイメージから、愛用すると不妊症に至るといった誤解が進んでいますが、不妊体質になるどころか、むしろ女性ホルモンのバランスが健全になるため、将来の不妊症を避けられます。 若い間から真面目に避妊薬を、妊娠回避の目的で飲み続けておけば、常に安定した女性ホルモンの値が維持され、色々な副産物的なプラス効果が得られます。 例えば、美肌効果や月経量の抑制、生理不順の解消、生理期の痛みの軽減などです。 いずれも世の女性が常に悩み苦しんでいる問題ばかりですので、避妊薬を飲む事で体調管理の方も捗ります。 飲み続ける事で、より女性らしい身体になるとの副効果が認められており、個人差はあるものの、バストアップ効果やヒップアップの効果も得られますので、グラマラスなボディ作りに興味がある方にもオススメです。 また避妊の必要性が無くなったと感じれば、ただお薬をやめれば再び妊娠に適した心身に戻せます。 避妊薬の効果はあくまで一時的なものです。効果が失われるまでに長期の時間は不要です。 子供をまだ持ちたくない新婚時代が終わり、そろそろ円満な家庭を築きたいと感じ始めたら、そのままお薬をやめれば、普通に子供を授かれます。 お薬の効果によって無駄な排卵を抑制して来ているため、ある程度年齢を重ねていたとしても良好な性機能が保たれ、いざ妊活を始めれば、むしろ避妊薬を飲み続けていなかった人々もよりも、早く子供を授かれます。