避妊薬は血栓ができたり血栓症になるリスクがある?

避妊薬には望まない妊娠をしないために毎日定期的に服用する低用量ピルや、避妊に失敗した時に服用する緊急避妊薬であるアフターピルなどがあります。

中でも、低用量ピルは避妊効果のほかにも様々な効果が期待できるとして避妊目的以外で服用する人も増えているようです。

例えば、月経困難症や子宮内膜症、PMSなど女性特有の体の不調にも効果的であり、加齢により女性ホルモンが減少することで起こる更年期障害の症状の緩和、卵巣がんや子宮体がんなどの発生リスクの軽減などにも効果が期待できるとされています。

このように多くメリットが期待できる避妊薬ですが、副作用はどの程度なのか気になるところです。
避妊薬であるピルは女性ホルモンの合成剤であるため服用後に体内のホルモンバランスが安定するまでには、胸の張りや頭痛、腹痛などの軽い副作用があらわれることがあります。
また、稀に血管の中に血栓ができることも考えられますが、以前の避妊薬に比べて最近のものは副作用が少なくなるように改良されているので血栓ができるリスクは少ないと考えて良いでしょう。

ただし、35歳以上で喫煙習慣のある人の場合は話が別になります。
タバコを吸う習慣のない人はあまり血栓症になる副作用については考えなくて良いですが、喫煙者が避妊薬を服用すると血栓症になるリスクが非喫煙者と比較して非常に高くなるので、避妊薬を服用したい場合には禁煙するかピルの服用期間中はタバコを控えるようにする必要があります。

ピルをとるかタバコをとるかというのは難しい問題ですが、もしなかなかタバコをやめられないけれど避妊薬を服用したいという人は、自己判断で服用せずに婦人科などで相談してから服用するのが望ましいといえます。