女子特有の病気である子宮内膜症を避妊薬で治す

女子特有の病気の一つである子宮内膜症は、大体20代から40代の比較的若い世代に多くみられ、放っておくと不妊症の原因にもなってしまう病気です。治療方法は様々ありますが、治療方法一つとして避妊薬であるピルを使用する方法があります。そもそも、この病気の原因は本来子宮内で形成される内膜が子宮外に作られて増殖してまうために起きます。ただ、どうしてそのようなことになってしまうのかという部分については解明されていません。一つ言えることは女性ホルモンであるエストロゲンが影響を与えていることはわかっています。内膜は月経が起きると剥がれ落ちていくものですが、その際に炎症や癒着が起きてしまい様々な症状を引き起こします。生理痛や腰痛などの激しい痛みを伴うことも多く、歩くことも困難になってしまう人も中にはいます。治療方法は大きく分けて二つあり、手術を行う方法と内服薬で治療方法する方法です。症状が重たくなってしまった場合は手術を行う方が改善されますが、症状が比較的軽い場合はまずは内服薬で治療する場合が多いです。内服薬の場合は手術と違って、根本的な治療というものではありません。しかし、症状をかなりおさえることができ、その中でもピルを使用すると生理痛などの症状をおさえることができます。理由としては、内膜の形成や増殖をおさえられるからです。ピルを服用するとエストロゲンが増加して、妊娠状態や閉経状態と体が勘違いして排卵自体が停止します。そうすると、内膜も形成されなくなるので症状が緩和されます。基本的に副作用が出にくい薬ではありますが全くない、というわけではないので、服用する前にきちんと医師から説明を受けた上で飲むようにしてください。